男の人

働きやすい環境を整えたらお店は円満に|従業員満足度を上げる

ITで円滑な情報発信を

男の人

記録の確認や整理が便利に

会社の生産性を上げるには、社員同士の情報共有を効率的に行うことが重要と言われています。これがスムーズでないと情報が滞り、業務や意思決定の現場において判断が遅れてしまうためです。そこで登場したのが、社内の情報共有ツールです。ITの技術を複数組み合わせて実現したこのツールは、これまでアナログで行なってきた情報共有の利便性を高めることを目的としています。これを利用することで得られるメリットとしては、社員同士のやり取りをログ化できることがあげられます。これまで会話で行なってきた情報共有をツール内に残せるため、後から見直すことが可能になります。どの時点で判断を誤ったのか調べたり、伝達されなかった重要事項を最確認することもできます。データベース化すれば社員が持つ知識の共有にもなる他、後から入ってきた新入社員へのノウハウの伝達にも役立つなど多くのメリットがあります。デジタル化されていることは、社内のコミュニケーションをスムーズにする利点もあります。例えばメールでやり取りすると手間がかかるようなことでも、情報共有ツールを使えば少ない手数で確かめ合うことが可能になります。メールのように閉じたツールではないため、社内の誰もがチェックできるのも特徴です。多くの社内情報共有ツールがリリースされていますが、導入の際には記録を残せる容量を調べておきましょう。画像などを多く保存してしまうと、容量が限られているツールではすぐにパンクしてしまう恐れがあるためです。加えて、使いやすいインターフェースのものであれば、社内教育をせずとも使いこなせるようになります。