男の人

働きやすい環境を整えたらお店は円満に|従業員満足度を上げる

売掛金と入金との照合作業

オフィス

煩雑な経理業務を効率化

企業の経理担当者は社員の給与計算から帳簿の管理までさまざまな経理業務に従事していますが、中でも入金消し込み作業は最も煩雑な作業です。特に法人を対象としたビジネスを展開する企業では、売掛金のデータと銀行口座に振り込まれる入金データとの照合作業も多く発生します。表計算ソフトや一般の会計ソフトを使って売掛金データを管理している企業では、この照合作業に多大な時間と労力を費やしているのです。入金消し込みにかかる時間を短縮させて経理担当社員の負担を軽減させるには、大きく分けて2通りの方法があります。1つは入金消し込み作業の自動化機能を実装した会計ソフトや販売管理システムを導入する方法です。最近ではクラウド上で入金消し込みに特化したプログラムを作動させ、金融機関データと連動する形で自動的な消し込み作業ができるサービスも登場しています。金融機関の入金情報を自動的に取得してその都度入金消し込みが行われていれば、従来のように月末にまとめて消し込み作業をする必要もなくなるのです。入金消し込み作業に関わる経理負担を軽減するもう1つの方法は、決済代行サービスの利用です。決済代行会社の中には銀行振込決済サービスを実施しているところもあるため、サービスを利用することで消し込み作業までを代行してもらえます。入金消し込み作業の自動化に加え、請求書の発送や入金回収業務まで代行してくれるサービスもあります。以上のような入金消し込み機能を持つソフトの導入や決済代行サービスの利用により、経理担当社員の負担軽減効果は決して小さくありません。売掛金の請求漏れや二重請求が発生すれば企業の信頼性にも関わりますが、そうしたミスも入金消し込み作業を効率化することで未然に防止できるのです。経理を含めた複数の業務を1人の社員に委ねているような小規模事業所では、経理負担の軽減によって他の重要な業務に集中できるようになります。